プロミス増額したい方必見!申し込み前に確認したい事

どのタイミングでなのか知りたい増額の方法

無利息キャッシングサービスなどでも人気の大手消費者金融・プロミス。プロミスで現在よりも利用限度額を増額したいというときはどのような方法で手続きをしたらいいのでしょうか。

 

プロミスでの増額方法は、会員サービス内の「限度額変更申込」から申し込みをするかプロミスコールへと問い合わせるかになります。ただし、プロミスのサイトのよくある質問のところには、増額したいといっても利用できる金額は、その人の取引状況により異なる、と記載されています。

 

自分の取引状況が増額してもらえるような状況なのかなど、やはり直接問い合わせをしたほうがいろいろと情報が聞けていいと思いますのでプロミスコールへ問い合わせてみるのがおすすめです。プロミスは口コミなどをみても電話対応などがしっかりしていると評判なので、親切に教えてもらうとよいでしょう。

 

プロミスも新規申込後、利用開始からコンスタントに数ヶ月単位で借りる?返すを繰り返していると、そのうちプロミス側から増額をすすめるメールや電話がきますので、返済を遅れることなく利用を続けていけば、向こうから増額をすすめられますし自分から増額申請をするよりもかんたんです。

 

増額をすすめる通知が来た後は、ATMや電話、またはWEBですぐに増額の手続きもできます。この方法が一番手っ取り早い増額方法といえるのではないでしょうか。

 

  おすすめ順 年利 限度額 即日融資
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 平日14:00時までに
WEB契約完了で当日振込
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 オリックス銀行カードローンは
カード発行後、最短即日融資可能
モビット
モビット
4.8%〜18.0% 1万円〜500万円

14:50までの
振込手続完了で当日振込可

(審査結果により不可の場合有)

最初の30日間金利無料!もしもの為に審査

キャッシングする時には限度額というものが設定されます。限度額には利用者が借りられる最高金額というものとその消費者金融が貸せる最高額というものがあります。消費者金融のホームページを見ると、限度額がすでに載せられていることも少なくありませんが、これは消費者金融会社側が利用者に貸せる最高金額のことなのです。

 

例えばプロミスでは限度額は500万円です。ですが、キャッシング自体が初めての利用で信用会社に記録がない場合や複数の他社での借入がある場合はこの金額が限度額になることは難しいです。そうではない場合でもなかなか500万円を限度額としてもらえることはありません。最初は少額の融資しかしてもらえないと考えておいたほうが無難です。しかし限度額を徐々に上げていける増額方法はあります。

 

それはまさにシンプルな方法で、返済期限を必ず守る、半年以上はキャッシングの利用をしてみるということです。1度返済した後も限度額内で何度も利用しておくことで少しずつ信用を得ることができるようになっていきます。そうすると、増額できるのでどうですかということを言われることがあります。そうなれば、どうしても必要な時には利用することもできます。

 

ただしあくまで総量規制の範囲内ということになりますので、最高でも年収の3分の1の金額までということは決まっています。しかし借りたものはいずれ返済しなければいけませんから、無茶な借入はしないようにするのがベストです。返済しきれなければ信用は落ちてしまいますので、返済シュミレーションを利用するなどして借り過ぎないように気をつけてください。

多めに資金を調達するには。

消費者金融で借りることができる金額を増額しておくと、いざというときに多めに資金を調達することができるようになるため、緊急時などを考えると便利なものであるといえます。借り入れ枠を増やすためには、貸し借りの実績を作っておくということが重要になります。審査などが甘めな分、実際の動向が重要になってくるのです。

 

どのように実績を作るのかというと、普通に利用して借り入れを行い、期日までにきちんと返済をする、これだけです。シンプルなやり方ですが、きちんと借りたお金を返す利用者であるという評価を得ることが重要になります。何度も利用していても、返済期日から遅れることが多い場合にはそうした評価につながらないこともあります。

 

引き落としの日にきちんと口座に必要な金額を入れておくといったことだけでも可能なので、少しだけ借りたときなどには必ずきっちり返すようにしておくということが重要です。何度も利用をしていると借り入れ枠を増やすか否かということについての打診があったり、増やしたという通知が来るなどして実際の借り入れ枠が増えます。

 

借り入れ枠を増額するというのは、あくまで限度額が増えるということなのですべて使い切らなければならないわけではないということに注意が必要です。必要なときに必要なだけ借り入れができるようにしておくことで、金銭の使い方についてより柔軟性を高めて緊急時の対応などを行ないやすくするということに意味があるといえます。